--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告  TOP

2010/03/29

コメ返し

さぁ、寝るぞ!
終クロ、一応もってますよ。
ただ、あの作品は正義悪云々って言うより

・文庫のクセに鈍器としても使用可能な厚さと
・都市世界という独自の世界観で自作内でセルフリンク


この二点をむしろ一番プッシュしたいかなと。
多分私の作品と似てるというのは、主人公の佐山様と
弓ラムザの元になった(双識+いっくん)が似てるからではないでしょうかね。
意識した事は無いですが。
人間としての完成度や戦略・思考の深さだと、断然向こうの勝ちですが。
比較対照としては月とすっぽん過ぎて適切ではないですw

正義と悪についての質問ですが。
基本、原作の零崎一賊のベースとなってる
『家族にあだ為すモノは皆殺す。』
これが彼・彼女らにとっての正義であり同時に悪だと自覚しているようです。

以下裏設定的登場予定未定脳内妄想的発言

 
「アミィ?貴女は甘い。人殺しが悪だとか話せばわかるとか。
この先戦場でそんな御託をぬかす位なら今此処で死になさいな。」

「で、でも師匠ッ!?アミィは・・・アミィは助けられる人はーーーッ!!」
「助けたい?ま、相手がパンピーなら解らなくも無いけれど。
敵だった盗賊やならず者にまでその情けかける訳?」

「・・・で、でも話せばわかって・・・。」
「確かにわかるかも知れないわ。鋭いツルギの剣先を首に向け。
双脚でもって地に組み伏せ。上から目線の性善説でやさしく諭してあげれば。
そうすれば『その時は』大抵の人は反省の言を紡いでくれるでしょうね。」

「・・・・・・。」
「問題はその後。貴女が助けた盗賊が再び村を冒し、法を侵し。
そして女を犯さないと誰が言い切れる。誰が『責』をとれる?」

「・・・・・・それは。」
「言い換えるわ。
その助けた盗賊が将来貴女の大好きな兄を殺す未来の持ち主だとしたら?
アミィ。貴女はその盗賊を助ける?」

「!?!?NOだよ!絶対に助けない!殺して解して並べて揃えて晒してもっぺん殺すーーーぁ。。。」
「・・・・・・。馬鹿ね。泣きそうな顔しないの。」
「でも・・・でも・・・アミィ・・・今・・・・・・。」
「そ。その醜い感情も含めて貴女なのよ、アミィ・バークライト。
貴女はまだ幼い。その場に応じたベストを行使する力も無く、その術も知らない。
つまり今、貴女は『利用されるもの』の側に居るの。」

「・・・・・・。」
「それは貴女だけではないわ。この五十年戦争。その戦乱のさなかで戦う兵士達。
 彼等もまた『利用するもの』『されるもの』その後者に当てはまるのよ。」

「・・・・・・要するにまだ『利用されるもの』の側であるアミィが人助けをするのは
 おこがましい。そう師匠は言いたいの?」
「(ま、そこまで言うつもりは無いけれど。)そうね。その通りよ。
 だからこそアミィ。可愛い貴女がいつか『利用するもの』の側に立つために
 私が最高クラスの『利用するもの』を紹介してあげるわ!」

「・・・・・・最高クラス?」
「そ、遥か昔より常に、人を、兵を、部下を利用し続けてきた。
いわば『利用するもの』のエリート中のエリート。武門の棟梁。そこの末娘。
彼女の元で思う存分利用されなさい。彼女なら貴女をきっと上手く使えるわ。
私的には『わたしが一番アミィをうまく使えるんだ!』と言いたいけど。彼女のが上ね。」

「は、はぁ。(し、師匠??・・・・・・アミィはモビルスーツなの???)」
「さ、と言うことで先の話はおしまい!!
いつものメニューの素振り100本と風水返しの練習よ!
 







さぁ!下着を脱いで、ブルマに着替えてッ!!」


「(チェスターお兄ちゃん。お兄ちゃんに会う前に汚れてても嫌わないで・・・。くすん。)」

スポンサーサイト

09:44 | 弓娘COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

えっと

良く解らないので、解るところだけ突っ込み入れます。

>さぁ!下着を脱いで、ブルマに着替えてッ!!

直接ブルマとか神がかり過ぎます…

No:152 2010/03/29 14:11 | 弓子の人 #QjAAa1aU URL編集 ]

下着がブルマですね?わかりますw
食い込みとかも欠かせないつもりかねw
あと、ブルマ装備可能ジョブはあとどれくらいでしょうか?

ついでに、セーラーも外せませんぜ?

No:153 2010/03/29 16:44 | 猫ナム #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



秘密にする

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。